「しまった!今日は○○さんと約束してたんだった…」とか、「忘れてた!今日は○○会社との商談日だった!」と焦ってしまうこと、ありますよね。
約束した時スケジュール帳にきちんと記入したはずなのに…いつの間にかそれを見返すことすら忘れて、結局は大切な用事を忘れてしまうことは誰にでもあることです。



「予定は未定」という言葉はありますが、もちろん現代においてそのようなことは仕事面でも対人面においても許されることではないでしょう。

では、どのように「確実に実行するため」のスケジュール管理を行うことができるでしょうか。

そのポイント一つ目は、『スマートフォンやタブレット』などを上手に活用することです。

電子機器をスケジュール管理に用いているかたは少なくないと思いますが、結局は記入したことを忘れたり予定を見返さないのであれば同じことです。

カレンダーアプリにおける、『通知』機能を上手に使いましょう。

例えば、〇月〇日に大切な約束をしていたとします。

通知機能をONにしているなら、その日(または前日等)になると、スマホの画面通知やメールにより、予定があることが知らされます。
これにより、予定を忘れるのを防ぐことができますし、正確な記録も可能です。

Youtube関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

次のポイントは、次の日の予定を前日に『予習』しておくことです。

ぼーっと一日を終えるよりも、明日何をすればよいか、どこに行けばよいかを事前に自主的に把握しなおすことによって、大切な予定を忘れずに遂行することができます。

このように、明快で分かりやすい上手なスケジュール管理を行っていきましょう。