Skip to content

浅草ではきびだんごが有名

東京の浅草にはお寺をはじめ雷門などの名所がたくさんあるので、日本国内はもちろん海外からも数多くの観光客が訪れます。

浅草には美味しいグルメも豊富に揃っているのですが、常に行列でにぎわっているのがきびだんごのお店です。きびだんごとは、きびという穀類を使って作った団子のことです。浅草では江戸時代に仲見世に実在したきびだんごを店員さんが実演販売していて、茹でたてのものをすぐにお客さんが食べることができるのが特徴といえます。ゆでたての団子にたっぷりと黄粉がかけられていて、熱々でもちもちとしていて美味しいと人気を博しています。浅草で販売しているきびだんごは一口サイズで小さめなので子供から高齢の方まで食べやすく、観光の目玉になっています。東京の浅草のお店では、お土産用に持って帰りたいという方のためにお持ち帰り用のきびだんごを販売しているのも特徴です。

一箱10本入りで600円とリーズナブルな価格なので、自宅でゆっくりと食べたい、友人や家族のためにあげたいという方に人気です。お土産用のものは作り方は簡単で、まずはお湯にだんごを入れてしばらく茹でていきます。数分ほど茹でると団子がふっくらとしてお湯に浮き上がってくるのです。そしたら、すぐにお湯からだんごを取り出して、一本ずつばらして黄粉をたくさんかけて出来上がりです。茹でたての温かいうちに食べると、団子のモチモチを味わうことができて非常に美味しいです。
浅草のきびだんごのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *