Skip to content

下町観光なら浅草のホテルに滞在するのがおすすめ

浅草寺や仲見世通りがあることで知られる東京の下町・浅草は、国内からだけでなく外国からも連日たくさんの観光客が訪れる人気の観光地です。

東京で最も古い寺院やその参道が人気を集めているだけでなく、そのほかにも様々な見どころがある観光スポットがあるので、ゆっくり滞在をして満喫するには雷門近くにある浅草のホテルを利用して日帰りではなく泊りがけで観光をすることをおすすめします。観光をする時間がたっぷりあるのなら、浅草のホテルからも徒歩で行くことができる花やしきという遊園地も訪れてみると良いでしょう。この施設は、世界的に有名な旅行者にお勧めの場所が掲載されているガイドブックに掲載されたことがあります。もともとは嘉永6年に作られた花園で、明治に入ってから遊戯施設も作られるようになり人気を集めていました。

今でもレトロな雰囲気を楽しめる場所となっています。下町の観光といえば浅草寺が有名ですが、観光する時間に余裕があればこのような世界的に知られる遊園地も合わせて訪れることができるのでおすすめです。また浅草のホテルからも近い浅草神社も合わせて訪れてみることができるはずです。東京最古の寺院である浅草寺の本殿の隣にある神社で、毎年5月には三社祭がおこなわれることで有名となっています。この神社の境内には被官稲荷神社もあり、せっかく訪れた際にはこちらも合わせて立ち寄ると良いでしょう。社務所の右横に鳥居があって、その先にお社があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *