プライバシーの保護が騒がれている昨今では、パソコン内に保存されている他人の所有している情報をそう簡単に閲覧することは出来ないようになっています。それが当然であり、セキュリティ面でも当然のことだと考えられています。

ただ、保存されている情報によっては家族や仕事仲間、友人などで共有することが出来る情報などもあり、それらに関しては他人でも簡単に閲覧することができると言うものもあります。



このように複数の人間で閲覧し、共有することが出来るファイルのことをファイル共有と読んでおり、特にセキュリティなどもかかっていないので気軽に閲覧することが出来ます。
また、閲覧するだけではなくファイル内の情報を捜査したり情報を書き込むことも可能となっており、中にはソフトウェアを利用することによって別のデバイスからそのファイルにアクセスすることができるようになっていることもあります。



この場合はネットワークによってつながっているため、クラウド機能などを利用すると外にいてもアクセスすることが出来るということもあります。

基本的に共有されるのはファイルごととなっており、中にあるサブのものに関しても一緒に共有することができるようになっています。

そのため許可されている範囲であれば自由にすることが出来るのですが、削除などに関しては基本的に許可されている権限のものでなければならないということになっているので、好き勝手にすることができると言うわけではないようです。

weblioの知識が一目瞭然です。